武雄市のいきいき商店街!!


ちゃんぽん街道と、温泉と、黒米と・・・そんな佐賀県武雄市で働くミツタケのブログ。武雄市のいきいき情報をお届けします。
by kitagata-shokokai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東馬窯のコーヒーカップ

武雄市山内町にある窯元・東馬窯。
窯主の馬場宏彰さんは、古唐津焼の伝統技法を守りつつ、今の時代の新しいスタイルに合わせた作品を生み出されています。
b0105996_1772194.jpg

馬場さんの作品は、土のぬくもりを感じさせる普段使いの素敵な器ばかり。
b0105996_1638222.jpg

表面が縮れた独特のフォルムのコーヒーカップ、お見事です。
これは、かいらぎ釉という釉薬(ゆうやく)を使っているからなのです。良く見ると、高台(カップ下、台の部分)には釉薬がかかっておらず、土むき出しになっていて、そこがまた良いですね。

伝統的な技法と今の時代にマッチしたデザイン性を兼ね備えたコーヒーカップ。見ているだけで楽しめます。もちろん、コーヒーの味もまた、深い味わいになるのでしょう。
[PR]
by kitagata-shokokai | 2016-05-20 21:45 | 武雄の職人芸 | Trackback | Comments(0)

武雄にまた、魅力的なお店が誕生しそうです。

武雄にまた、魅力的なお店が誕生しそうです。
築160年、県遺産にも指定されている歴史を感じる建物を見事にリノベーションしたお店です。

圧倒的な存在感がある大きな梁、土間、広々した座敷、その空間には、古き良き日本を感じる事ができる懐かしくゆっくりとした時間が流れています。
b0105996_1112963.jpg

そのお店では、上質の蕎麦を楽しむことができます。
素材にもこだわりぬいた上質の蕎麦は、まさに一級品。
b0105996_111219100.jpg

蕎麦の魅力については、後日また詳しく書きたいと思います。

160年前といえば1856年(安政3年)、明治の時代の訪れる12年前の事。
つまり、この空間は、明治、大正、昭和というまさに激動の時代を経て今があるのです。
b0105996_11122879.jpg

そんな歴史を感じる事がでできる場所で、美味しい蕎麦と上質な会話、そして人と人との出会いが生まれる。
地域のランドマーク的な空間になりそうな予感です、楽しみですね。
[PR]
by kitagata-shokokai | 2016-05-16 11:51 | 商工会より耳より情報 | Trackback | Comments(2)

中尾哲彰さん

中尾哲彰さん。
武雄市山内町の陶芸家。

私は中尾さんのところに行って、話を聞くのが大好きです。

なぜって?
陶芸作家さん、というより(チャーミングな叔おじさまといった感じの)やわらかい雰囲気が大好きだからです。
b0105996_10294154.jpg

ついこの前も、美味しい珈琲を頂きながら、ゆっくりとお話を聞かせてもらいました。

中尾さんのお話を聞いていると、暮らしを楽しんでらっしゃるなー、とつくづく思います。
日々、無心に土に向かい作陶活動を続ける事に価値を見出し、そんな中尾さんの生み出す作品が多くの人の心を魅了し、多くの人に勇気と感動を与えていく・・・・、そうやって、人生の時を重ねられているって、なんとも豊かですね。

中尾さんの焼物の特徴は「銀河釉」というオリジナルの技法です。
b0105996_10294913.jpg

なんとも言えない美しさでしょ?

夜空に輝く無数の星をイメージさせる「銀河釉」の輝き、きっと多くの人々の心に希望の光を届けることでしょう。
[PR]
by kitagata-shokokai | 2016-05-13 17:02 | 武雄の職人芸 | Trackback | Comments(0)

雲の上の卵

武雄市山内町の道の駅「黒髪の里」には、魅力的な商品がいっぱいです。
b0105996_9494274.jpg

山内産の朝採りの新鮮野菜は、とびきり新鮮でお値打ち価格、お野菜コーナーは朝から大賑わいです。
物産コーナも、お菓子や加工品などなど武雄の名物がぞろりとそろいます。山内町の特徴でもある焼物も豊富にラインアップされていて魅力的です。

そんな「黒髪の里」で見つけた素敵な逸品です。
b0105996_9125473.jpg

いとう養鶏場さんのこだわり「雲の上の卵」。
武雄市山内町にある神六山のてっぺん付近にある養鶏場は標高350メートル。

(ちょっと不安になりつつも)ぐるぐるグルグル山道を登っていくと到着するその場所は、時により靄がかかる、なんとも幻想的な場所です。まさに「雲の上」を感じる事のできる場所なのです。

そんな「雲の上」で元気いっぱいに育てられた卵。かわいいパッケージが目印ですので、ぜひ、黒髪の里にてお買い求めください。
[PR]
by kitagata-shokokai | 2016-05-10 12:00 | 商工会より耳より情報 | Trackback | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
あんこさん、コメントあり..
by kitagata-shokokai at 08:32
はじめまして。素敵なお店..
by あんこ at 17:17
えりんこさん、コメントあ..
by kitagata-shokokai at 18:06
突然すみません。 わら..
by えりんこ at 08:48
おばあちゃんへ 月はじ..
by kitagata-shokokai at 12:38
秘密裏の特産品づくり!ワ..
by mitsuketai at 22:32
隊長さま 今、秘密裏に..
by kitagata-shokokai at 21:25
この豆腐はボディ感がしっ..
by mitsuketai at 00:07
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
黒髪、黒米、どろんこ満喫!
from Mizupon's Good..
早出の楽しみ。
from まちなか『がばい』日記
在宅(内職)アルバイト
from ,ちゃんぽんジュルジュル
ライフログ
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧